c9dc087c038f351280b4c6b215b4615b_s

SNSが世界中で浸透し、人はインターネットに費やす時間が増え、私たちの生活環境は大きく変わりつつあります。
インターネットの普及により世界中の情報を簡単に手にする事ができるようになり「形の無い」広告というものがでてきました。
結果、チラシ、DM、パンフレット、雑誌(フリーペーパー)といった紙媒体は徐々に減りつつあります。
ネット関係者、提案先からよくでる「今はネットの時代」「紙媒体はもう古い」といった言葉。
果たして本当にそうでしょうか?
デジタルが進む現代社会だからこそアナログで古いと感じるチラシの魅力・底力に迫っていきます。

届けたい人に想いをストレートに届けるにはやっぱり紙がいい

ネットの場合、消費者は情報を簡単に調べる事ができ、興味のある情報を引き出すことができる為、世界中にPRできるチャンスはありますがその分同業のライバルも無数に存在します。
無数にあるライバルや情報網を押しのけて勝ち残らなければ入り口の門前払いになり自社のサービスを知ってもらう事もできません。
まずは「見てもらう」という行為が不特定多数を相手にするネット上では容易ではないのです。
ネット広告を展開する上で重要な事は競合他社より勝らないといけないという事。
勝るという部分は競合他社よりお金(値引きを含む)を積まなければいけないという事で一見安いと思われがちのネット広告は実は非常に高額ともいえる商品です。
その点チラシは届けたい人に想いをストレートに届ける事が可能です。

チラシは確実にあなたのメッセージを送る事ができます。
あとは1枚のチラシの中にキャッチフレーズ、写真、デザインを駆使し受け取った人の手を止まらせるかがポイントです。
バラエティー豊かに表現できるチラシは特徴、雰囲気、サービス内容などお店の特色をアピールする事ができ極端な値引きをする事なく消費者の興味を十分に惹きつける事ができます。

特徴イメージ_280x240

実はターゲティングが優れているのはチラシの方!?

ネット上では個人の情報の履歴から広告が勝手に表示されたりコンピューター上で数値や統計が分かる一方基本的に無作為にばら撒いていくチラシはターゲティングができないという意見も多くあります。
ただチラシは自信で分析する事で精度の高いターゲティングを取る事ができます。

例えば新聞の折り込みチラシ。
若い世代を中心に新聞を購読しない家が増えていたという事は現在新聞を購読している家は購買力があり安定した生活を送っている方が多いともいえます。
年代も30代以上。
さらに商圏エリアのみに範囲に配布する事ができます。
また地方紙、経済誌、全国紙など新聞の種類を選ぶことでターゲットをさらに絞る事ができます。

極端な話、駅前に立って想いを届けたい人だけにチラシを配布すればかなり的確ですよね。
「ネットに広告出していますのでー」
とお伝えしてもわざわざ家に帰ってあなたの情報を調べる人は少ないでしょう。
世界中から集まった数値を取れたとしても、具体的のそこからどれくらいの効果が出るという事はイメージがしにくいです。
チラシでは配布方法を変える事で年齢、地域、家族構成、趣味など様々な観点から少ない部数でも効果的に精度の高いターゲティングを計る事ができます。
078662

本日のまとめ

インターネットを介しての広告は受け手にとっても発信する側にとってもある意味手軽です。
その手軽さが情報過多になり信頼性、信憑性が欠け良い悪いの判断がサービス料金でしか判断できなくなってしまっているような気がします。
ネット全盛の今だからこそアナログで普遍的なチラシの効果を見直してみませんか?
チラシは昔と変わらず直接手に取って見てもらえるという強い発信力をもっています。

そして何よりどんな業種であっても商売の基本は「人と人の繋がり」です。
パソコンやスマホ通じてのバーチャルな出会いはやはり味気ないものです。
作り手の温もりや熱量が受け手に伝わるステキなチラシを作りましょう!!

 

 
お問い合わせ